徳永英明 in 神奈川県民ホール 06.11.04(ネタバレあり)

20th Anniversary Orchestra Concert Tour 2006 ~Beautiful Symphony~
徳永さんでは、初のオーケストラコンサート。

画像


指揮者は竹本泰蔵さん。
演奏は東京フィルハーモニーの皆さん。

今回は奮発してSS席。12000円!!
しかも、座席はど真ん中で20番代半ば。

顔どころか八重歯や手相まで見えちゃった。
髪の毛、長い…前髪が頬の下あたりまであった。


コンサートは第1部と第2部に別れていて、ちょっとだけ雰囲気が違う。

第1部。
衣装は上から下まで光沢のあるスーツシャツネクタイ
バーラード曲、メインでしっとりとした感じ。

第2部。
着替えをしてきた。
今度はマッドな黒のスーツ、ボタンを2~3個はずした白いシャツネクタイなし
初めからノリの良い曲でみんな立ち上がって、手拍子。
「Vocalist」からもあの日に帰りたい雪の華

やっぱりオーケストラはいい♪
音は最高のステレオで聞こえてくる。

手前の弦楽器はたくさんいて厚みがあるし、後ろの方からはホーン系管楽器の心地よい音。
時々、ハープとか打楽器の音も聞こえる。
ピアノの音も聞こえていたが、一番大きなグランドピアノがちょっとしか見えなかった。
他にももっといたと思うけど、私にはわからない。

あっ、私にとってはボーカルが一番気になる存在だけどね~。

後半でバンドの人たちが入ったので、
迫力は増したけどオーケストラの良い所がちょっと薄れちゃったかな。
ベースとドラムの音が大きかった。

ラストの曲はサイコーに盛り上がった。

お話しは、
20年やってこれたのは皆のおかげってこと。
(たぶん洒落で)最初の10年、僕のファンは僕に騙されてでも付いてきてくれたってこと。
壊れかけのRadioが売れて色々な世代の人に聴いて貰えたこと。
(これも洒落で?)今回のカバーアルバムが売れたことでアメリカ進出を目指すこと。

話しが少なかったのはオーケストラツアーだったから?
休憩もあったし、時間制限もあったのでしょう。

2時間弱のオーケストラコンサートは、あっというまに終わってしまった。
SS席、希望して本当に良かった。もう、当分希望しないと思うけど…

そして、久しぶりに買ってしまったカレンダー(1500円)。
画像


あと、訳あって1曲目を出入り口のドア近くで聴くことになってしまった。
                      それは↓
画像

花より団子。美味しかったのよ~、中華街のいつものお店でのパイコー飯。

しかも、連休中ってことで、すごい人の多さ。
新規開拓しようと思って行った中華料理屋さんには入れず。

帰りの景色。横浜開港記念会館。
画像


気分良く地元の駅まで着いたが、駅をでたら雨が降っていた。
気にしな~い♪気にしない♪だって、楽しかったんだも~ん。

TBS「ブロードキャスト」感想。
短かっ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック